居住空間の快適さはシートで決まる場合が多い

国産車が近年非常に力を入れてきたものの一つにシートがあります。車のシートというのは、常に振動がある悪条件の中長時間座っていなければならず、カーブなどの遠心力がかかるときも、体が横に滑らないようにしなければなりません。そのために人間工学に基づいた疲れにくく安全なシートが求められるのです。

これまでドイツ車などが国産車と比べるとやはり一日の長があり、固めでしっかり感があり疲れにくいシートだと高評価を得てきましたが、最近は国産車もそのドイツ車のようなしっかり感のあるシートを作るようになってきました。特にドライバーズシートであるフロントシートは最も長い時間座っている時間が長いわけですから重要です。車を購入する際のポイントの一つといっても過言ではありません。実際に座ってみてフィット感なども確かめると良いと思います。

また、家族が多い場合はリヤシートも重要です。レッグスペースは十分あるか、背もたれの角度は適切か、さらにルーフに頭がぶつかったり、太陽光が直接当たらないかなど、チェック項目はいろいろあります。またリヤシートがリクライニングできたり、折りたたむとフラットになって荷物を多く積むことができるなど、優れた機能を持つ車もあります。

 

af9920074262l